本場のカジノの特徴。

世界には様々なカジノがありますが、やはり本場といえばラスベガスが挙げられます。売り上げ自体はマカオが世界一になっていますが、本場といえばアメリカのラスベガスを思い浮かべる人は多いと思います。

ラスベガスの特徴は、街全体がギャンブルの街であるということが挙げられます。どこのカジノも24時間営業で入場は無料となっています。ホテル全てでカジノが併設されており、テーブルゲームやスロットなど様々なゲームを楽しむことができます。
また、エンターテイメント性が極めて高く、ギャンブルに興味がないという人でも楽しむことのできるマジックショーやサーカス、無料アトラクションのほか、ショッピングも楽しめるなどの特徴があります。

売り上げ的に言えば世界一なのがマカオです。香港のマカオのカジノの特徴は大小30を超える様々な場所にカジノがあり、いろいろな場所で楽しむことができるようになっています。日本人観光客にも人気の場所です。
特徴としては、他の場所にはない独特なゲームが多く揃っており、種類そのものが多いことが挙げられます。ゲームは最低でも9種類はあり、欧米で人気のポーカーなどのゲームはなく、ルーレットも少ない傾向にあります。

簡単な英語でも意思疎通ができるというのも嬉しいポイントで、中には日本語が通じるところもあります。セキュリティチェックが簡単で、チップも取られることもないためカジノに慣れていないという人にもオススメです。
ラスベガスに比べて日本に近く、アジアのため食事も日本人に会います。日本食のお店もたくさんあるため、食事が気になるという人でも十分に楽しめます。
また、ショーなどを開催しているホテルも多く、エンターテイメントの面でも魅力的です。