カジノでの利益と税金

カジノでの利益には税金がかかります。カジノのようなもので得たお金は一時所得と呼ばれ、給与所得や不動産所得などと同様に税金を納めなければならず、これを無視すると脱税になることがあります。法律は何でもそうですが、知らなかったからというのは言い訳として通用しません。知っていたのに守らないのは論外でしょうが、仮に本当に知らなかったとしても守らなくて良いわけでは決してないのです。これは、自宅で一人で行えるオンラインカジノも同様ですので、常に税金対策には気をつけないといけません。

カジノでの利益についてですが、まずどのようにして計算することになるのでしょうか。ちょっと考えると、例えば1回ごとに500ドルの賭けを10回繰り返し、9回は外れたが1回は大当たりで1万ドルの払い戻しを得たとしますと、儲けは1万ドルから賭け金合計の5000ドルを差し引いて5000ドルとなり、この5000ドルに対して税金がかかるような気もします。

ですがこれは正しくありません。というのも、外れた賭けに対して賭けていたお金は経費として認められないことになっているからです。経費として差し引くことが認められているのは、当たった賭けに対して賭けていたお金だけです。つまり1万ドルの払い戻しを得た賭けに対して賭けていた500ドルだけが経費として認められ、差し引くことが許されます。

結局、所得としては9500ドルと計算され、これに対して税金がかかることになりますから注意が必要です。外れた賭けに対して賭けていたお金が経費として認められないくらいですから、それ以外の一般的には経費となりそうなお金、例えば海外のカジノまで行くために要したフライトチケット代とか現地宿泊のホテル代、ホテルからカジノまでの往復交通費、現地での飲食費などもやはり経費にはなりません。