ランディングページで食品系サイトの売上を上げるには

現代ではインターネットが急速に発達したことから、食品やサービスの売り上げを伸ばすためにランディングページ(LP)を活用している企業が増えています。ランディングページとはある商品やサービスを販売するための、縦長に作成された一枚のウェブページです。一口にランディングページといっても色々ですが、集客するための取り組みはどれも一緒です。成果を上げられるLPの制作には、マーケティング思考が大切なポイントです。

食品係のランディングページのキャッチコピー
LPでは、視覚的にイメージしやすいメインの画像とキャッチコピーが必要不可欠です。消費者が、見た瞬間にその食品の内容をイメージできる画像が望ましいでしょう。同時に、魅力的なキャッチコピーを準備する必要があります。キャッチコピーは消費者に一瞬で読んでもらうものなので、できるだけ16文字以内になるようにしましょう。
特に食品関係のランディングページでは、何よりもまず「美味しそうに見えるか」が重要です。写真を使って、どれだけその食品を「食べたい」と感じてもらえるかでそのランディングページの成果が変わってきます。最初の方に配置するブロックで、どれほど消費者の心を掴めるかがポイントになりますので、最も力を入れるようにしましょう。

消費者の関心を引けるかどうか
メインの写真である程度「美味しそう」なイメージを伝えることができますが、それだけで消費者が購買するとは限りません。惹きつけた消費者に対してその食品が何故美味しいかという理由や、購買意欲をそそるフレーズを載せるると、消費者の興味をより高めることができます。
最初のブロックを読んで消費者が商品に興味を抱いたら、次は消費者が求める情報を並べて表示していきます。素材、食べ方、人気の高さなど、その商品を購入する魅力を順を追って説明していきましょう。

購入のボタンへの誘導
LPの最後は、重要なカゴの部分です。縦に長くなりすぎるとくどくなったり、購入カゴに入れる場所を探しづらくなりマイナスに働く場合もありますので、見つけやすい場所に購入カゴを配置しておきます。分かりやすく示すことで消費者の購買意欲が高くなっているうちにレジまで進めることができます。
せっかく購入したいと思っていても、購入ボタンがどこにあるか分からないと、探しているうちに購買意欲が減退してしまう可能性があります。なるべく消費者の注意を他の方に向けないようにするのがコツです。