ストーリーを絡ませたランディングページ

インターネット上で商品やサービスを魅力的に紹介するのに、ランディングページと呼ばれる表現方法があります。これは、従来からある公式ホームページとは異なり、より広告としての機能に特化したテクニックが盛り込まれて作成されたページであると言えます。ひとつの長いページの中に商品やサービスに関する情報が、高い密度で盛り込まれており、その魅力を余すところなく伝えたところで決済まで運ぶ、という性質を持ったものが多く見られます。基本的には広告などを通じて既にある程度の興味を持った人が対象となっていることから、導入的な情報などはカットされ、より深くまでその良さをアピールするという機能がクローズアップされています。

このようなランディングページの中に流れを生み出すものとして、製品やサービスにまつわるストーリーを全体の主軸に据えるというのが、情報伝達におけるアピール度を高めるのに有効な手段として定番化しています。これは、マーケティング的な観点から見ても非常にスタンダードな手法で、ただ客観的にそのメリットや良さを発信していくのではなく、どのようなきっかけでそれを開発するに至ったのか、完成に到達するまでにどのような紆余曲折があったのか、また完成した後にはユーザーとの間にどのような新しい関係が生まれたのか、社会の中でどういった役割を果たし、ポジションを得ているのかなど、様々な切り口でストーリーを展開させていくことで、読む人の共感を得やすくなるという考え方から来ています。ランディングページの本来の機能がよりシンプルな形での大量の情報伝達であったことを考えると、むしろ反対方向への流れであるという見方もできますが、商品やサービスに含まれる利点のひとつとしてそのような有機的な関係性の中に自分参加できる、という点をアピールする方法であると考えた時に、非常に有効で、かつ見る人の気持ちにも寄り添った手法であると言えます。

このように、日々変化していくインターネット上でのスキルにおいて、現在意識しておく必要があるのは、ランディングページでのストーリー、ドラマ性の介在、それはマーケティング的な思考から来ているもので、合理性、また人間的な視点から見た時にも極めて効果的で意義深いものである、という点です。収益を見越した行動、人間性に特化した思考とその実践、どちらに傾き過ぎてしまうこと無く、双方の良い面を余すところなく利用していくのが、最先端を行く賢いビジネスパーソンにとって必須のスキルであると言えます。