カジノを旅行先で楽しむ

現在日本国内でもIR法案が通過し、カジノの議論が進んでいますが、近年諸外国を中心にカジノリゾートの建設ラッシュになっています。
カジノはギャンブルという要素もありますが、ヨーロッパを中心にかつては貴族たちが集う富裕層の社交場であり、富裕層の方にとっては今でもゲームで遊ぶと同時に雰囲気を楽しんだり、出会いを楽しむ場でもあります。
近年は新興国でも発展目覚ましい国々では新たな富裕層が出現し、旅行先でカジノを楽しむ方も増えています。ちなみに、最近はネット上のオンラインカジノランキングから選んだオンラインカジノで遊ぶ人も増えていますね。

日本人にとっても身近な旅行先でカジノは楽しむことが出来ます。
最も身近な旅行先である韓国は治安も良く、日本人観光客も多く訪れますので、ディーラーの方が日本語を話したりと日本人にとっては安心感があります。
また、世界でも有数のカジノ市場となっているのは日本からも近いマカオです。市場規模はすでにラスベガスを抜いているとされていますが、中国の特別区であるマカオは中国国内では禁止されているギャンブルを楽しむことが出来ますので、中国人観光客を中心にとても賑わいます。
日本からも旅行先としては行きやすく、直行便もある上に、香港からフェリーを使えば目と鼻の先という距離感もあり、週末の弾丸トリップも可能です。

せっかく旅行に行くのであれば、本場ラスベガスに行きたいという方は、1週間程度の休暇を取ることをおすすめします。ラスベガスはカジノはもちろんのこと、世界中から一流のエンターテイメントを集めた大都市になりますので、家族連れなども多く訪れます。
ただ、家族で訪れる際に気を付けたいのは子供たちの年齢です。ギャンブルを行う施設には未成年は入場することが出来ません。また、ネバダ州の州法では成人年齢は21歳以上で日本とは異なりますので、注意しましょう。