カジノ学校で学ぶべきゲーム

IR実施法案成立により現実味を帯びてきたカジノ建設ですが、一方でカジノで働くためのディーラーを養成するための学校も注目を集めています。もともとゲームを楽しむためのカジノ学校は日本にも2000年代頃から登場していますが、法案成立を見越してその数を増やしています。また日本だけでなく海外のカジノで働くといった面でも強みがあります。

カジノ学校で学ぶべきゲームとしては基本は「バカラ」「ブラックジャック」「ルーレット」「ポーカー」の4種類です。いわゆるテーブルゲームで、ポーカーはカードゲームになります。カードゲームはルールが変更しやすいといったものであるため派生したゲームも多くありカジノホールデムもそのひとつです。

このゲームは、プレイヤー同士で対戦するテキサスホールデムと呼ばれるポーカーゲームをディーラーと行うものです。2000年に登場したもので、まだ一般的ではありませんが多くの施設で遊べるようになっています。ゲームの流れは、トランプは1デッキを使用し、プレイヤーはAnteの位置またはAAボーナスヘッドの位置に掛け金を置きます。プレイヤーとディーラーには2枚ずつカードを増えて配り、3枚のカードがボードに配られます。

配られたカードをみてプレイヤーは、フォールド(勝負を降りる)かコール(勝負を続ける)の選択を行います。コールすると賭けた金額の2倍の金額を追加で賭ける必要があり、ディーラーは残り2枚のカードを場に配ります。プレイヤーとディーラーは各自に配られた2枚のカードとボードに配られた5枚のカードの合計7枚のうち5枚を組み合わせて役を作り、役の強い側が勝ち、役に応じて払い戻しが行われます。

プレイヤーの戦術性が問われるゲームで、ディーラーが行えることは少なく、またポーカーの基本ルールを知っていれば遊ぶことができます。こうして、カジノ好きにはカジノ建設が待ち遠しいかもしれませんが、ネットカジノランキングを覗いてみませんか?今すぐ本場さながらのカジノを楽しめますよ。