ランディングページの配色について考える

リスティング広告の特徴について。
ネットの中には多数のネット広告があります。
ネット広告を見た時に興味がある広告と全く興味がない広告があるわけですが、興味を持ちやすい広告だけが表示されるウェブページがあります。
例えば、ビタミンCのサプリメントを探す人は、検索エンジンを利用して、「ビタミンC サプリメント」や「ビタミン 健康食品」などのキーワードで検索を行い、求めている商品を探すケースが多いと言えましょう。
ビタミンCなどのキーワードはユーザーが求めている情報でもあり、この情報が網羅してあるネット広告が検索結果のページに表示される事になります。
このページ内にある広告の事をリスティング広告や検索キーワードに関連している事から、検索連動型広告と呼びます。
リスティング広告は、他のネット広告とは違い、ユーザーが興味を持つ内容の広告にケースが多い事からも、集客効果への期待が大きくなります。

リスティング広告をクリックすると最初にランディングページが表示されます。
リスティング広告は広告ページでもあるランディングページへの誘導リンクです。
リンクをクリックした時、ユーザーが最初に見るのがランディングページで、一般的なホームページとは異なり、文字が大きくなっている、文字には目立つ色を使っている、スクロールバーを使ってページの上から下方向に順番に読むなどの作り込みが行われているのが特徴です。
強調したい文字には色を付ける、サイズを他の文字よりも大きくする、枠で囲んで枠内に色を付けるなどで訴求力を高めるなどの工夫が行われています。

ランディングページの配色を考える。
HPとリスティング広告はどちらも誘導を目的としているものですが、リスティング広告はランディングページへの入り口、ランディングページは問い合わせや商品もしくはサービスの誘導を促す目的があるウェブページになります。
ランディングページは、配色を考える事も誘導を促す効果に繋がって来ます。
人間の購買意欲は、ビジュアルを見て意欲を高める人が全体の93%、文章を見て意欲を高める人が全体の6%、音や匂いなどで決める人が1%と言われています。
さらに、人が物を購入する際に、色を第一の理由としているのは、全体の84.7%などの統計があり、カラーを見た時に好みの場合などでは僅か90秒で購入するか否かを決めるなどの調査結果もあります。
ちなみに、成果を上げるカラーはランディングページを設置してテストをしてみると分かります。