ランディングページで秀逸な記事を書くためのコツ

ランディングページは、ホームページを作る場合も、広告を表示する場合にも必要なものになります。ランディングページの役割は、商品やサービスの提供につなげるものです。そこで秀逸な記事を書くことによって商品の購買率やサービスの利用率が高くなります。結果的にビジネスがうまくいくことにつながるものです。そうだとすれば、ランディングページの内容をいかに秀逸にするかを考えなければなりません。

例えば、インターネットの通販では化粧品が人気ですが、化粧品を売却するためのランディングページの書き方があります。まずは対象を絞り込むことです。通常化粧品であれば男性よりも女性の方が使用率が高いですが、女性の中でも何歳ぐらいの女性なのかまで絞り込まなければなりません。その時に必要になるのはペルソナです。ペルソナとは、一人の対象の人間のことです。実際に存在しない人間のもかまわないのですが、一人の人間を作り出してその人に対して問題解決をしていく内容を書くべきです。例えば29歳でこれから婚活したい女性がどのような化粧品を選ぶかで悩んでいるとします。この場合に、29歳の年齢を考えると、あまり派手な化粧にするべきではありません。少し大人な化粧品を提供することを念頭に考えていきましょう。また婚活とのことで、インパクトが重要になります。地味ながらもインパクトに残る化粧品であれば、ちょうどそのぐらいの年齢の人に売れるでしょう。この点、対象一人に絞り込み過ぎると、それ以外の人に売れないのではないかと思う人がいるかもしれません。ですが実際には、対象一人に絞り込んだ方がよく売れるとするデータがあります。このように、自分が売却する化粧品がどの世代にぴったりなのかを考えて絞り込みを行うことが必要です。もう少し細かく考えるならば、その人の年収はどれぐらいなのかといったことや趣味は何かといったことも関係してきます。そもそも高い化粧品であればある程度の年収がなければ購入することはできません。また趣味が、外で行うスポーツなどであれば日焼け止めとの関連性も重要になってきます。

もし、これらの内容を自ら作り込むのは難しいと考えたならば、化粧品のホームページとコーディングを行ってくれるい専門業者にお願いをして作成してもらうこともできます。結果的に、素人が作ったものよりもしっかりとしたものができあがります。もちろんその分お金はかかりますが、売り上げにつながれば申し分ありません。