ランディングページはスマホ対応をしていた方が良い

ランディングページは、特定の商品やサービスを売るために活用される一つのページを指します。特徴的なのが、1枚で完結させることです。一般的に、クリック率はそこまで高くはありませんので、リンクを貼って情報を分散させてしまうと、その先に行ってもらうことができないため、成果につなげることはできません。1枚であれば、出口が戻る選択肢しかありませんし、クリックをしなくてもそのページ内にとどまってもらえれば情報を見てもらうことができます。したがって、通常のランディングページでは、リンクが貼られることはありません。また、見た目が派手にできている傾向にあります。注目をしてもらうためには、ある程度のインパクトが必要なので、視覚的に強く訴えることができる見た目は派手になるわけです。

もちろん、ランディングページでは、購入や問い合わせを目的としていますから、単なるインパクトだけではそれに繋げることができないので意味がありません。そこで、信頼してもらうために裏付ける情報を提示します。見た人がなるほどと納得してもらうための裏づけは、実際の変化を写真で示したり、科学的なデータを用いたり、利用者のアンケートを提示したりと、いろいろな方法があります。この辺については、扱う商材によっても異なってきます。とにかく、単に良い、と宣伝するだけではだめだということです。

ランディングページは、スマホ対応にした老いた方が良いです。最近は、スマホでホームページを閲覧をする人も多いですから、スマホ対応にしておいた方が、スマホユーザーからも顧客を取り込みやすくなります。スマホは、普通のパソコンのページも見ることができますが、画面が小さいのでそれでは見づらいです。その点、スマホ対応にしておけば、小さい画面でも見やすい構成になりますから、見ていて苦痛を感じることが無くなります。閲覧者目線に立って考えるならば、やはりスマホ対応は必須といえるでしょう。

ランディングページを自分で作成するならば、実際のランディングページをお手本とすると、決まり事のようなものを理解することができますので、それなりに形にしていくことができます。健康食品であれば、健康食品のHPの制作事例を参考にすると良いでしょう。これは、インターネットで検索をすると簡単に出てきますから、それを見てみると良いです。一つだけではなく、複数を見食らえると、特に共通ポイントが浮き彫りになるため、理解することができます。