すごいといわれるランディングページを作るには

ランディングページは、つくる人によってその内容が大きく異なります。基本的な形はたいていに通っているものの、言葉の使い方や文章の配置の仕方、画像の張り方、動画を入れるかどうかなどによってその品質が大きく異なってくるわけです。当然、読んだ人の感性を刺激するものであればそのランディングページで紹介されている商品やサービスを利用してみようと思うでしょう。ですが、読むだけ時間の無駄だと感じた場合はまず間違いなく商品やサービスを利用してくれません。最後まで読まれるのであればまだよいですが、最初の2行を読んだところでやめてしまったり、そもそも開いた瞬間に見づらくて閉じてしまう場合も考えられますので、その内容がいかに重要であるか、そして見た目がいかに重要であるかがわかるでしょう。
世の中には、すごいと思われるランディングページがあります。すごいページの多くは、そこから数億円を売り上げているものです。伝説的なランディングページもあり、これからもしランディングページを作ろうと思うのであれば、一度読んでみた方がよいでしょう。ただし、そのページを真似するだけでは意味がありません。実際にすごいと言われているランディングページをまねしている人がいますが、内容がいまひとつ頭に入ってこないだけでなく、その人本来の言い回しではないため、すごいといわれるランディングページの劣化版のように感じてしまいます。

魅力的なランディングページを作るためには、人のものまねしただけではだめです。しっかりと自分の言葉で表現することが重要です。何回か作ってみるとわかりますが、自分の言葉で説明したものに関してはしっかりとした反応が出るものです。反対に人の言葉を借りて自分らしくない表現をしてみてもなぜか反応は悪いです。ページを作る場合には、自分の言葉で話すことだけでなく、お客さんに訴えかけることが重要です。それを読んでくれる人がすぐに反応をするような内容にしておくことが大事です。そこでもちいられているのが、期限を設定することです。締め切りまであと七日間と書いてあり、下の方にデジタル時計が表示され、数字が0.1秒単位で目まぐるしく回っているのを見たことがある人もいるかもしれません。そのような方法を使うことで、今すぐほしいと思っているお客さんに注文させることができるようになります。もし、自分でそれらを作るのが難しい場合には、ランディングページとキャッチコピーを専門的に作っているところにお願いしましょう。